音読

最近、買った本で、「英語スピード・トレーニング教本」テッド グレゴリー (著) という本がよかった。これは、英語の音読を練習するための練習帳のようなもので、すべてイソップ童話を著者がリライトしたものになっている。短いものからはじめてだんだん長いものになっている。
音読の重要さを解く本は多いが、とにかく100回読みなさいとかいうのが多かった。しかし、ただ単に100回読むというのは、あまり役にたたないし、すぐに飽きてしまう。その点、この本はきちんと目標タイムを設定してくれている。その目標時間内で読めるまで何度でも挑戦するわけだ。
たとえば、1つ引用させていただくと、
=================
 A fox sat watching a boar whet his tusks on a tree trunk “Why are you doing this?” asked the fox. “There’s no danger in sight.”
 ”That’s right,” said the boar, “but when danger does appear, it will be too late to get ready.”
=================
は、10秒で読まないといけない。やってみるとわかるが、10秒で読むというのは、かなり難しい。嘘だと思う人は、お試しあれ。

Categories: 未分類

コメントを残す

Return to Top ▲Return to Top ▲