2. home, abroad, downtown など

I’m going (  ) after class.    [日大鶴ヶ丘高]
(1) to home (2) to back home (3) home (4) to right home

正解率が38.0%でした。14.2%の人が(1) to home を、47.6%の人が(2) to back home を選んでいました。home は、名詞、形容詞、副詞として使われますが、「帰宅する」などのように移動を表す動詞の後に使われる時には、かならず副詞として使われます。つまり、home は here や there と同じ副詞ですから、
○ go there / home, come here / home
のように使います。
× go to there / home, come to here / home
は間違いです。
ですから、(1) to home は×です。
(2) to back home も同じことですが、back は副詞として使えるので、×go to back ではなく、go back でいいわけです。それに、home をそのままつけて、go back home とします。to は不要です。
(4) to right home は、to が不要です。right は「右」とか「正しい」とか「権利」という意味ではなく、ここでは、「まっすぐに、一直線に」という意味です。
I’m going right home after class.
放課後、まっすぐ家に帰る予定です。
という意味になります。
ということで、(3) home が正解です。
home というと、どうしても名詞と考えてしまいます。もちろん、home は名詞としても使えるのですが、存在や移動を表わすような文では動詞の後にそのままおいて副詞として使えます。同じような副詞は、
abroad / overseas(外国へ) 、upstairs (二階へ)、downstairs (階下へ)、downtown (繁華街へ)などがあります。すべて、go home/abroad/overseas/upstairs/downstairs/downtown と前置詞なしですぐ後につければいいだけです。ちなみに、文法問題でこのように選択肢の中で一番単純なものが正解だということはよくあるパターンです。もちろん、いつもそうだとは限りませんが――。
ところで、home は副詞だけではなく、名詞として使われることもありますので例文を入れておきます。

  • There’s no place like home. ――名詞 我が家にまさる所はない。
  • I’m going to leave home early tomorrow morning. ――名詞 明日の早朝に家を出発するつもりです。
  • I’m on my way home from school. ――副詞 私は学校から家に帰る途中です。

 

■正解
(3) home
■和訳
I’m going home after class.
放課後、帰宅するつもりです。

さて、品詞の問題は他にもあります。

コメントを残す

Return to Top ▲Return to Top ▲