アルファベット

解説 / 基本問題/ 標準問題/ 発展問題/

解説

□はじめに

アルファベットなんか、ばからしくて、と思っている人がいるかもしれません。そんなの小学校のときから知ってるよ――と。
しかし、本当にそうかというと、例えば、実際、中1の最初の授業でアルファベットを読んでもらっても、A〜Zまでを正しく発音できる人はかなり少ないものです。
アルファベットの最初の文字、つまりAから間違っている人もいます。「エー」と発音している人がかなりいますが、英語では、「エー」という発音はありません。「アー」「イー」「ウー」「オー」に似た発音(長母音)はありますが、「エー」というのはありません。[ei] というするどい音になります。剣道のときなどに、「エイヤア」というあの「エイ」です。
アルファベットは、発音記号を覚えたり、有声音と無声音のちがいを学習したり、表音文字と表意文字などなどを学習するいい機会なので、時間をかけて勉強することが大切です。
ここでいきなり問題です。
問題 [ei] という音を含むアルファベットをすべて書きなさい。
答えは、以下の動画で――。

□問題

■大文字

■小文字

■大文字+小文字

■超速

基本問題1         10

アルファベットの練習です。英単語が出てきますが、ここでは、dog と出てきても、その読み方を知らなくても、「犬」という意味だということを知らなくてもかまいません。「ディー・オゥ・ジー」と読めればだいじょうぶです。

標準問題

大切な問題なので、全問正解するまでがんばってください。

発展問題

これができれば、アルファベットは卒業です。ただし、一週間に一度しかチャレンジできませんので、次の画面が開いたら、すぐに問題を解いてください。*

□参考

世界の文字 Written characters of the world
世界の現用文字28種すべてと、歴史的文字89種を集めたサイト。
アルファベット・クイズ(無料) - ブラッドリィズ イングリッシュ スクール (英会話) - 福島県郡山市 ・■「R」か「L」か? 問題1 問題2 ・■heart か hurt か?

ここでは、日本人がもっとも苦手な「R」と「L」を中心に練習していきます。まず、自分で発音できるようにするためには、そのちがいが耳で聴いてわかるようにならないといけません。




1 / 6 / 16 / 1300 /